プロバイオティクスで癌を予防出来る!


プロバイオティクス(probiotics)とは腸内のフローラのバランスを改善してくれる「生きている微生物」です。
このプロバイオティクスを含んでいる食品もまた、「プロバイオティクス」と呼ばれています。

 

 

このプロバイオティクスは便秘解消の効果や、美肌効果の他に最も重要な効果が「癌を予防する効果」です。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

大腸癌を予防するプロバイオティクス効果とは!?


癌を予防すると言ってもすべての種類の癌を予防するわけではなくて、主に大腸癌を予防すると言われています。
大腸癌になる原因の1つは腸内の機能が低下する事と言われています。機能が低下するとは善玉菌の低下を意味します。

 

 

このような状態の腸を改善してくれるのがプロバイオティクスであり、その効果が大腸癌の予防になる1つの要因です。

 

 

しかし、プロバイオティクス効果にはもう1つ癌を予防する効果があります。
それは免疫力の向上効果です。体内の免疫力自体が上がる事で癌を予防する事に繋がります。免疫力が高い体内では癌は成長も出来ないし、発生する事も出来ません。

 

 

 

プロバイオティクスの効果
@美肌効果 腸内の善玉菌を増やす為に肌荒れの原因である悪玉菌の発生を抑える事が出来る
A便秘解消効果 腸の働きを活発にする事が出来る
Bアレルギー軽減効果 強いアレルギー反応を正常に戻す作用がある
C癌の予防(大腸癌) 腸内環境の改善+免疫力向上により癌の発生を抑える作用がある

 

 

プロバイオティクスは癌を消す事は出来ない!


プロバイオティクスを癌の代替療法の1つとして実施している人で勘違いをしている人も多いのですが、プロバイオティクス療法では癌を消したり縮小する効果ほとんどないです。
あくまでも腸内環境改善と免疫力の向上により大腸癌の予防としての効果です。

 

 

プロバイオティクス療法を実施する患者として相応しい人は親が大腸癌になっていて、遺伝的に大腸癌になりやすい可能性がある場合や大腸やその付近に癌が出来て現在は完治しているが、再発に不安がある人などです。

 

 

癌の再発を予防する事として実施するのがベストな代替療法になります。
現在すでに体内に癌が発生している人は病院の標準治療と合わせて別の代替療法を実施したほうが癌を消す効果は高いと言えますね!

 

 

 

 

 


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る