ヨガ・瞑想で癌対策!ストレスフリーが免疫力を上げる!


癌になった人にヨガや瞑想が良いと言われています。
また、癌の予防や再発防止にもヨガや瞑想が適しているとも言われます。

 

 

 

この理由は「ストレスの除去」です。癌になる場合は必ず免疫力が低下しています。
遺伝的になりやすい人でも実際に癌が発生してしまう時期にはなんらかの理由で体内の免疫力が低下しています。

 

 

 

その免疫力が低下している原因で最も多いのが「ストレス」です。
ストレスが長期間続くと、体内のあらゆる免疫が低下していきます。これは良く知られている事で昔から「病は気から」と言う言葉があるようにプラスの思考やプラスの精神が続いていると風邪や病気になりにくく、マイナスな状態の精神が続いていると風邪や病気になりやすいのです。

 

 

 

癌もその1つで免疫力が低下している体内は恰好の癌の住み家となってしまいます。
常に不安や心配などが頭にある事でストレスは溜まっていきます。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

ヨガや瞑想の「無心」状態がストレスから逃げる方法


人によってストレスを発散したり、ストレスを感じないように生きるには今まで生きてきた中でその方法が分かっていると思います。
もし分からない場合は精神を安定させるベストな方法としてヨガや瞑想で日常的に「無心」の状態の精神を作る事です。

 

 

 

特に親が癌の経験がある場合はいつか癌になるのではと言う不安や心配があります。
実際に癌になって癌が治った人や良好な状態になった人でも生涯にわたり、「再発」や「転移」などの不安や心配と隣り合わせで生きていく必要があります。

 

 

 

このような不安や心配はより免疫力を低下して、実際にその不安や心配が的中してしまう可能性が高まってしまいます。
癌にならない人によく笑う人が多かったり、心配事をしない人が多い理由の1つは精神状態が安定を保っていて全体的な免疫力が高いという事も言えます。
反対に癌になる人や再発や転移をしてしまう人はマイナス思考の人、常時不安や心配を持って生きている人と言えます。

 

 

 

そんなマイナス思考の精神を「無心」に変える事が出来る方法の1つとしてヨガや瞑想があります。
このような点でヨガや瞑想もストレスを無くして免疫力を向上させるので癌の代替療法の1つとして認知されています。
また癌治療にヨガを積極的に取り入れているアメリカではヨガによって体内の癌を死滅させる事が出来たとの実例があります。(臨床試験ではない)

 

 

 

このようなケースは免疫力が向上した事が原因で癌細胞を攻撃する事が出来て癌細胞が小さくなり、死滅したと推測出来ます。
特に上がって欲しい免疫力は癌細胞を殺す事がメインのNK細胞の活性化です。NK細胞が活性化する事が出来れば癌細胞を最終的に死滅させる事も不可能じゃないからです。

 

 

 

ヨガや瞑想にによる免疫力の回復や向上で癌細胞を死滅する事が出来る事が個人的な実例ではなくて、医学的に臨床試験で実証として発表される事が期待されています。

 

 

 

 

 

 

 

 


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る