鍼灸での癌治療は痛みを緩和する対策!


鍼灸(しんきゅう)治療」と言われる治療が癌の代替療法の1つとして認められています。
しかし、この鍼灸療法は、漢方やサプリメントとは違い癌細胞を死滅させたり、縮小させる効果はありません。

 

 

 

鍼灸療法はあくまでも癌患者が常時持ち続ける「痛み」の軽減を目的としています。
癌細胞自体を消す目的の療法ではない為、あくまでも代替療法のみではなくて他の治療方法と合わせて補完的に使用する「補完代替療法」になります。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

鍼灸の痛み軽減方法は歴史がある!


鍼灸は2000年以上の歴史がある治療方法です。鍼を体に刺したり、もぐさなどを皮膚上で燃焼させる方法、またはツボを刺激する治療もあります。
この鍼灸は癌患者の痛みを軽減する目的でも使用されます。さらに、癌の標準治療に必須の副作用の痛みも軽減出来るとして注目を浴びています。

 

 

 

癌の痛みと副作用の痛みを軽減する


鍼灸は癌そのものが発する痛みを軽減する目的と癌治療の副作用(抗がん剤治療・放射線治療)の症状を軽減する目的があります。
特に抗がん剤治療の副作用で代表的である嘔吐などの症状は鍼灸によって軽減する事が臨床試験によって報告されています。
(早期癌の場合に特に有効とされています)

 

 

あくまでも緩和ケアとしての鍼灸


他の癌の代替療法と比べると癌そのものを死滅させる目的や増殖を抑えるような直接的な効果はありません。
あくまでも癌の痛みと治療による副作用の症状の軽減が目的なので、病院の標準治療から代替療法としての鍼灸に移行すると言う場合は緩和ケアに移行すると考えて良いでしょう。

 

 

 

鍼灸は癌を治す療法ではなくて、補完的に使用する「補完代替療法」でしかありません。
癌を治したい、消したいという目的がある場合は、他の治療方法を先頭に考え、その補助的に鍼灸療法を実施する事が基本です。

 

 

 

 

 

 


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る