気功治療で癌が消えた!?気功の効果とは!?


気功治療が癌の代替療法として日本でも認められています。
気功の治療目的は癌を体から追い払う事が目的ですが、体全体的にも作用してストレスや不安などの負の感情を追い払う事も同時に行います。

 

 

 

信じがたい例ですが、気功を使って気を癌に集中的に送り続ける事で癌が反応して音を立てたり、動いている感覚が得られる事があります。
週刊誌などに時々掲載される気功で癌が消えた例はうさん臭く思えますが、事実としての例があり、気功治療は国にも認められる癌の代替療法の1つになります。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

ステージ0〜ステージ4まで幅広い癌に対応


気功を使って癌治療をする代替療法は初期の癌から末期癌まで対応している場合がほどんどです。
しかし、死まであと数日という状態では気功の効果が表れる前に死に至ってしまう事もある為、多くの気功療法に共通する事は死まであまりにも迫っている場合は効果を実感できずに終わる可能性も示唆しています。

 

効果が出るまでに数週間〜数カ月かかるケースが多いようです。

 

 

癌の気功療法は大きく2つの効果がある


癌の気功療法は、気功師にもよりますがほとんど2つの効果があるとされています。
1つは、「癌の病巣に働きかけて癌を体内から追い出す作用」、もう1つが、「気功の力により精神の安定やプラス思考などを誘発する事で免疫力の向上を図り、癌を免疫力の側面から縮小させたり、増殖を抑えたりする作用」です。

 

 

 

前者のほうは、日本では確実性が低い療法ですが、後者の療法は効果を実感している癌患者も多く、代替療法として実践する価値ある療法と言っていいと思います。
特に気功により、心の不安や葛藤、死への恐怖を追い払う事は、免疫力向上のみではなくて、癌患者が必ず持つ体の痛みの軽減を図る事も出来るとされています。

 

 

癌患者が死亡する例では直接的な癌で死亡する例の他にも癌治療の抗がん剤などの副作用で体力が奪われて死亡するケースや癌治療中に他の病気で死亡するケースも多いのです。

 

 

ここに隠れているのが癌と宣告されてからの死への恐怖、将来への不安などのマイナスな感情が免疫力自体を下げて、体力を下げた結果であるとも言えます。
病院が免疫を付ける為に癌患者に「よく笑う生活を」と言うのは免疫力を上げる為です。免疫力が低下している状態での抗がん剤などの癌治療は危険度が高い事は病院も熟知しているのです!

 

 

主な気功の療法効果
@癌に直接気を送る 気功師が癌に直接気を送る事で癌の増殖を抑える・癌を縮小させる目的
A免疫向上を図る 気功により癌によるマイナスの感情を追い払い精神安定を図り、免疫向上に繋げる目的

 


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る