クロレラの癌に対する効果・効能とは!?


クロレラとは海底深くに生息している緑藻類の1種です。
この藻の特徴としては驚くほど繁殖する速度が速い事で知られています。

 

 

このクロレラには脂質、炭水化物、繊維、核酸、タンパク質、アミノ酸、、ビタミン類、鉄分、カルシウム、マグネシウム、カロテノイド、葉緑素が含まれていて、体内の酸性度を低めて健康に最適とされる「弱アルカリ性」に変化させる事で昔から注目の健康食品の1つです。

 

 

 

酸性の体質の為に起こるとされる生活習慣病を予防したり、改善する効果があるとして現在では様々な製薬会社や健康食品会社などがクロレラを配合した商品を作っています。
研究が進むにつれて、造血作用が活性化される事や脂肪代謝も活発にする事などが分かり、貧血防止、コレステロール低下の促進、肥満防止などの効果は効果として認められています。

 

 

また、クロレラ成長因子と呼ばれる成分があり、細胞の新陳代謝を活発にして感染症の予防や老化防止などの効果がある事も知られています。
そして、このクロレラの量を多めに摂取する事で、癌に対する効果や効能があるのでは?とも研究が進められています。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

 

クロレラが癌の代替療法に最適と言われる理由は!?


クロレラは昔は貧血防止、コレステロール低下、感染症防止、老化防止、生活習慣病の予防など癌に対する周知は無かったのですが、最近ではクロレラ=癌の代替療法と言われるまで癌対策に使用する方法の1つとして認知されてきました。

 

 

 

クロレラに配合されている成分の1つにクロレラ自体の細胞の中にある「クロロフィル」と言われる「葉緑素」があります。
このクロレラの葉緑素は「クロロフィル」と呼ばれて癌成分を吸収して体外へ排出する作用があると言う研究内容が発表されました。

 

 

 

この研究は人間での実証は現在されていませんので確実に抗がん作用があるとは言えませんが、実際にクロレラを毎日大量に摂取する事で転移した癌細胞と原発部位の癌細胞のすべてを死滅させる事が出来たとの個人の実例があります。

 

 

あくまでも個人が噂や口コミで話すレベルの実例で、研究者が臨床研究によって実証を確認したわけではないので公式にクロレラが癌を死滅させるとは言えませんが、可能性として試すもの1つの方法だと思います。

 

 

また、クロレラの癌細胞吸収作用のみが抗がん作用ではなく、体の免疫機能を向上させる白血球の1種の「マクロファージ」を活性化させる作用もある為に、免疫自体を強化させる事も出来るのでクロロフィルの癌成分の吸収効果とマクロファージ活性化による免疫力強化の2つの作用があり、結果、「抗がん作用が高い」と言われているのです。

 

 

クロレラの2大抗がん作用
@癌細胞吸収作用 クロレラの細胞内の葉緑素(クロロフィル)が癌細胞を吸収し体外へ排出する作用がある
A免疫力向上作用 白血球の1種で免疫向上作用があるマクロファージを活性化させる作用がある

 

 

 

クロレラの健康食品は品質が高いものを選ぶべき!


クロレラのサプリメントなどは数多く健康食品として売られていますが、商品により、クロレラの含有量、濃縮度、また、使用しているクロレラの品質も違います。
この品質や含有量などの違いから、同じクロレラ含有の健康食品でも価格が大きく異なる事になります。

 

 

 

値段が低めのクロレラはほとんどが品質に問題があり、高めのクロレラは高品質のケースが多いです。(すべてがそうではないが、そのようなケースが多く見られる)
抗がん作用効果を期待する場合は出来るだけクロレラ自体の濃度が高い高品質商品を選ぶべきです。また、濃度が低い場合は多めの摂取が必要です。

 

 

癌対策でのクロレラ使用の目安は購入したクロレラの摂取量の目安が公式サイトや説明書などに記載されていると思いますが、その量の約1.5倍〜2倍程度の摂取が必要とされています。
あくまでも癌を根治した人の摂取量の基準ですが、多めに摂取する事で、クロロフィルの摂取量も高くなるので期待は高まると言えます。

 


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る