酸素カプセルが癌の代替療法として注目されている!


酸素カプセルとは酸素の濃度を高くしてその中に身を置く事で血中の酸素濃度を高める事が出来きる療法です。
体の内部や隅々まで酸素を行き渡らせる事が出来るカプセルの中に身を置く方法になります。

 

 

 

有名なスポーツ選手などが体の免疫や調子を最高の状態に高める為に使われる事で知られていますね!
傷や炎症の治癒が著しく早まる、疲労がすぐ取れる、脳が活性化して朝目覚めやすくなる、免疫力が上がり風邪や病気にかかりにくくなるなどで様々なメディアでも取り上げられていますね。

 

 

 

この酸素カプセルが最近では癌に効果的とされていて、代替療法や補完代替療法として使用される事が多くなりました。
単独での購入は数百万円はするので個人での購入は難しいですが、現在ではレンタルや通う形でのこの酸素カプセルを利用する癌患者が増えています。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

酸素カプセルの効果や効能について


酸素カプセルを利用する癌患者が増えた理由に「癌の発生は酸素が不足している細胞に多く発生する」と言う研究結果が発表されてからです。
臨床試験もままならない為に信ぴょう性には欠けますが、実際に酸素カプセルを利用していた癌患者は癌が縮小した例や、転移や再発の防止になっているとの声があり、個人的に癌患者を取り上げると効果を実感している人もいるようです。

 

 

 

高い酸素濃度の環境に一定時間身を置く事で免疫力を向上させたり、癌の増殖を抑える事以外にも標準治療としての抗がん剤治療や放射線治療の効果を高める事が出来るとして標準治療の前に酸素カプセル療法を実施する人も増えています。

 

 

 

しかし、医学的に臨床実験をしたわけでもなく、実証と言う意味では効果は確認されていません。
あくまでも酸素カプセルを試した人の中でそのような声が上がっているだけですので信ぴょう性には疑問が残る療法とも言えます。

 

 

 

酸素カプセルを使用する癌患者とは!?


酸素カプセルを使用する癌患者は以前はステージ4の癌患者や末期癌の患者、余命宣告をされている癌患者が多かったのですが、現在ではステージが低い癌患者や癌治療に成功した癌患者などが再発防止で利用する事も多いです。

 

 

 

以前は酸素濃度を高める事で体内のあらゆる部位に酸素を行き渡らせて免疫力を上げる事が酸素カプセルの目的であったのですが、癌が発生する細胞は酸素が不足していると言われる現在では酸素を多く取り入れる事で酸素が不足している状態の細胞を無くして癌を防いだり、転移や再発を防ごうとするステージが低い癌患者も増えてきたのです。

 

 

 

ステージ3や4の癌患者が実施する医療の代わりの代替療法ではなくて、病院の標準治療と平行して実践する補助的な代替療法である「補完代替療法」として酸素カプセルを利用する人が増えてきているのですね。

 


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る