メシマコブで癌を死滅させる!メシマコブの免疫力!


メシマコブと言われるキノコがあります。このキノコが「抗がん作用」が高い事で注目を集めています。
日本や中国、ベトナム、フィリピンなどで確認されているキノコですが、非常に生息範囲が狭い事でも知られていて希少価値が高いキノコです。

 

 

 

日本では、長崎県の男女群島の中の女島で確認されています。
製薬会社がこぞってこの地域に訪れるのはこの「メシマコブ」を研究の為に採取する事です。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

メシマコブキノコは癌を攻撃する細胞を活性化させる!


貴重価値が高いメシマコブですが、メシマコブには非常に強い抗がん作用があるとされています。
アガリクスや他のキノコ類でも癌に効果的と言われる高分子多糖体である「β-グルガン」とβ-グルガンがタンパク質と結合して作られる「タンパク複合体」が多く含まれているのです。

 

 

 

この「β-グルガン」と「タンパク複合体」が癌を死滅させる働きを持つNK細胞を活性化させる作用があります。
NK細胞は癌を死滅させる効果を持つ為にこの細胞を活性化させる事が出来れば抗がん作用になると考えられています。

 

 

 

さらに、メシマコブの成分である「β-グルガン」と「タンパク複合体」の作用はNK細胞の活性化だけでなく、マクロファージ、ヘルパーT細胞、B細胞をも活性化させると言われています。
つまり、癌を攻撃するタイプの細胞を全体的に活性化させる作用があるのです。

 

 

メシマコブは韓国では医薬品扱いの事実


癌の撲滅を掲げる韓国ではこのメシマコブの成分である「β-グルガン」と「タンパク複合体」が医薬品として扱われています。
韓国のソウル大学、韓国生命科学研究所、韓国大手の製薬会社が産学共同でメシマコブの研究を始め、メシマコブが代替療法の1つとしての療法ではなくて医薬品としての医薬成分に指定されたのです。

 

 

 

その為韓国では標準治療の抗がん剤や放射線治療と並行して免疫を向上させる為に病院側がメシマコブの成分の処方をする事があります。
日本と違い医薬品になっているので健康保険の適用になり、患者の金銭的負担も少なく処方出来るので、日本人でもステージが高い癌患者の場合はこのメシマコブ成分の処方をする為に韓国籍をとる人までいました。(日本で健康食品として扱われる以前)

 

 

メシマコブの栽培に成功後は健康食品も誕生!


メシマコブは生息地域が少なく、栽培が不可能とされてきました。その為、抗がん作用が高い事は知られていても、非常に高額な成分となり、一般市民がメシマコブ摂取の代替療法は不可能に近かった過去があります。

 

 

しかし、現在ではメシマコブは栽培に成功する事が出来たのです。
日本では医薬品化していませんが、メシマコブの栽培が可能になった時期からメシマコブのサプリメントや粉末、ドリンクなどの健康食品が誕生しました。

 

 

栽培が可能になった事から値段も落ち着いてきて一般市民の手が届く価格に落ち着いてきました。
このような背景からメシマコブ成分を含有する健康食品の数が増えてきましたね!

 

 

日本での実例の1つにはステージ4の末期癌の患者がメシマコブを毎日摂取して癌細胞を消す事が出来た例があります。
あくまでも1例ですが、全体的な免疫向上効果があるのは事実です。

 

 

可能性にかけるなら代替療法としてメシマコブ成分の摂取も1つの癌治療の1つかも知れませんね!

 

 


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る