キチン・キトサン成分で癌を撲滅!?キトサンサプリメントのパワー!


キチン・キトサンを抗がん対策に使用している癌患者は多いです。
このキチン・キトサンとは甲殻類の動物が持っている食物繊維の事です。

 

 

 

主な働きはコレステロールや体内の有害と言われる成分を体外に排出する作用があります。
そして癌をやっつける事で知られるNK細胞を活性化させ、さらには免疫力を向上させる効果があります。

 

 

NK細胞を活性化させるのはキチン・キトサンの中の「高分子キトサン」や「キトサンオリゴ糖」などの成分が直接働きかけます。

 

 

癌について調べている人はココでピンとくると思います。
癌をやっつける絶対条件の有害物質を体外へ排出する働きと体の免疫力を向上させる事、NK細胞を活性化させる事の3つの力がこのキトサン成分にはあるのです!

 

 

様々な他の癌の代替療法は免疫力を向上させる事が重視ですが、キチン・キトサン成分は免疫力の向上と共にNK細胞の活性化、また体内にある有害物質を体外に排出する作用もあり、癌対策の成分としてはうってつけの成分と言えます。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

キチン・キトサンは標準治療の副作用対策としても有効!


癌治療をしている人やそのような人がいる家族は理解している事ですが、手術以外の癌の標準治療と言うのは大きな副作用を伴います。
特に抗がん剤などは、細胞を破壊する方法を取っている事が多いので、強い副作用に悩まされます。

 

 

人によっては癌で亡くなるのではなくて抗がん剤と放射線治療の副作用が長期間続く事での体力消耗が死亡の原因になる事も多いです。
癌治療中に他の病気で亡くなるパターンが多いのはほとんどが体全体の免疫力が低下しているからです。

 

 

最近では免疫低下による死亡を防ぐ為にも医療主義の医者でも漢方や健康食品などの代替療法を補完的に実施する事を薦めています。
代替療法のみでの癌対策ではなくて標準治療を補完する形での代替療法を使用する事はどの医者も賛成の意見が多くなってきました。

 

 

そこで最近注目を浴びているのがこの「キチン・キトサン成分」です。免疫力の向上と有害物質を体外へ排出する作用が元になり、抗がん剤や放射線治療などの副作用を軽減する働きも分かってきました。抗がん剤や放射線治療の副作用を軽減するには大幅は免疫力が必要ですが、キチン・キトサン成分にはそれがあるのです。

 

 

キチン・キトサン成分と癌への作用
@NK細胞を活性化させる 癌を縮小させる力を持つNK細胞の活性化
A免疫力を向上させる 免疫力の向上により、体内の癌をやっつける
B癌転移を防ぐ 細胞にある接着分子よりも早く到達して癌が移動を完了するのを防ぐ
C抗がん剤の副作用の軽減 除放作用により抗がん剤の副作用を軽減する
D放射線治療の副作用の軽減 免疫向上で放射線治療の副作用を軽減させる

 

 

精神療法にもなるキチン・キトサン成分


遺伝子異常と免疫力が低下する事で癌を発生しますが、免疫力を回復させようと試みる代替療法の中には毎日笑う事や精神が安定するように気功やヨガなど心を落ち着かせる事を主眼とした療法があります。

 

 

気持をプラスに持っていく事で精神安定と精神向上(意欲)を作り、免疫力を精神側から上げていこうとする療法です。
キチン・キトサン成分は免疫力を向上させる事が出来ますが、それにプラスしてキチン・キトサン成分は脳に働きかけて精神を安定させる効果もあるとされています。

 

 

 

うつ病や自律神経失調症、総合失調症などの精神疾患に対しての効果が認められています。また、不眠症の人にもキチン・キトサン成分が有効とされています。
研究結果では脳の神経伝達物質にプラスの影響を与える事出来るとされています。

 

 

 

癌を消したり、縮小させたりする事で最も大切な力は「免疫力」です。この免疫力を上げる側面がキチン・キトサンには2つあります。
精神安定からの免疫力向上とキチン・キトサン成分自体が持つ効力からの免疫力向上の2つの側面からの免疫向上が出来れば免疫を上げる効果はより高められるはずです。

 

 

このような理由から癌対策の代替療法として「キチン・キトサン」成分を凝縮させたサプリメントや粉末、ドリンクなどの使用を進める癌の研究者や外科医などが多いのです。

 

 


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る