スルフォラファンで癌をやっつける!胃癌対策の代替療法!


癌対策として名高い代替療法の1つが「スルフォラファン療法」です。
名前の通り、スルフォラファンを摂取する事で癌を縮小させたり、消したりする事が目的です。

 

 

 

スルフォラファンって何!?


スルフォラファンとは菜の花やブロッコリーなどのアブラナ科の野菜類に含まれている成分です。
その中でも多く含まれていると言われるのが「ブロッコリー」です。このスルフォラファンには癌を消す効果や縮小させる効果があると噂されるのは理由があります。

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

スルフォラファンの癌に対する作用とは!?


スルフォラファンの大きな作用は体内の癌物質を無害化させる作用です。これをデトックス作用と呼びます。
デトックス作用は人間誰しもあります。体内に発がん性があるような物質は自然と対外に排出するように働きかけるのです。

 

 

 

そのデトックス作用を大きく高める事が出来れば癌性の物質を外に排出させる事が出来ます。
スルフォラファンはこのデトックス作用を高める事が出来ます。

 

 

 

また、解毒酵素を生成する働きがあり、体内の解毒作用を高める事から癌を消す為の対策と同時に癌の予防対策としても注目を浴びています。
研究者の間でスルフォラファンの研究がされていますが、実証例や癌患者を元にした試験が公表されていないので詳細は不明の状態です。

 

 

 

胃癌に対しては二重の効果のスルフォラファン


胃癌に対して特に大きな効果があるのでは?とされるスルフォラファンですが、その理由の1つはピロリ菌を除去する効果があるからです。
胃癌の原因の1つがピロリ菌の繁殖です。

 

 

ピロリ菌が繁殖をして放置する事で胃癌になると言われていますが、スルフォラファンはこのピロリ菌を除去してくれるので胃癌の栄養素になる物質を除去してくれる事になります。この作用が胃癌になっていない場合は予防作用として、すでに胃癌を持っている場合は増殖を抑制させるとされています。

 

 

もともと持っているデトックス作用や解毒酵素を生成する作用の他に胃に的が絞られますがピロリ菌除去作用もあるので癌患者の中の胃癌患者にしてみればスルフォラファンは病院の標準治療と合わせて実施したい代替療法の1つですね!


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る