水素水で癌の転移を防ぐ!抗がん剤の副作用対策も出来る!


癌患者に水素水が良いと言われていますね。なぜ良いのか?水素水と癌の関係について説明致します。
実は水素水は癌そのものを消す効果や縮小させる効果は薄いとされています。

 

 

水素水の効能は癌の転移を抑える力がある事です。

 

 

 

スポンサードサーチ

 

 

 

まずは癌が転移する経緯を知る事


癌の転移は細胞の「ミトコンドリア」が深く関わっています。
癌には種類があり、転移しやすい癌とそうでない癌があります。

 

 

それを決定つける1つの要因が細胞のミトコンドリアです。
筑波大学の癌研究チーム(林純一教授)はマウスによる実験で癌細胞にミトコンドリアを入れ替える事で、癌のタイプが変わった事を実証しました。
転移しやすいミトコンドリアとそうではないミトコンドリアが癌の転移のカギになっています。

 

 

水素水で癌の転移を防げる理由


癌の転移に大きく関わっているのが細胞のミトコンドリアと前述しました。
このミトコンドリアに大きく作用させる事が出来るのが「水素水」なのです。

 

水素水は抗酸化物質であり、細胞のミトコンドリアへ作用する事で癌の転移を抑える事が出来ます。

 

 

水素水は抗がん剤の副作用を軽減出来る!


水素水は癌の転移を防ぐだけでなく癌治療の一環である抗がん剤治療を使用する時の副作用の代表である腎臓の機能障害を軽減する作用があります。
また、このような副作用が出る抗がん剤の代表である「シスプラチン」を投与していてもその効果には影響を与えない為に病院側でも「シスプラチン」などの抗がん剤治療をしている癌患者には水素水の摂取を推奨する病院もあります。

 

 

 

ステージ1から水素水を飲む事!


癌が最も恐ろしいのは転移をした場合です。ステージが0や1、又リンパのみのステージ2やステージ3などであれば、最悪余命宣告を受ける事はないと思います。
そのようなステージの癌患者に水素水を毎日摂取する事で癌の転移を防ぐ事が出来ます。

 

 

今ある癌を消す事は出来ませんが、転移を防ぐ事が出来るのは大きなポイントです。
そして抗がん剤などとの併用が出来る為に癌を根治させる目的は抗がん剤で果たして転移予防は水素水で防ぐという方法がベターです。

 

 

また、癌になっていなくても水素水を水の代わりに飲むことを生活の中で位置づけていれば、癌の発生をも予防する事が出来ます。
癌になっていても、癌になっていなくても「水素水」は健康のキーワードですね!

 

 


トップ
一覧



スポンサードサーチ
このページの先頭へ戻る